スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD 第5話『彫刻のある風景』

2007-11-05 (Mon) 14:39[ 編集 ]
1d59e08789ba76727fc8594be0a9b41f.jpg
CLANNAD

今回から、風子ルートの話に突入しました。

まずは、本当に風子が伊吹先生の妹なのかを確認するために、智也と渚は直接家に行って確かめようとします。

智也と渚は、最初はその先生にからかわれるわけですが…
(伊吹先生に、ボーイフレンドかと聞かれて困る渚が可愛かったです)
それで、話題を逸らそうと渚が「婚約おめでとうございます!」と口に出すと、
伊吹先生は、それは病院に寝ている風子にしか聞かせたことはないと言います。

それで、風子が本当に伊吹先生の妹だと確信した渚は、
演劇部の活動を中断、風子のプレゼント作りを手伝うことにしました。
さしあたって、渚は風子を学校で寝泊りさせるわけにはいかないと自分の家に連れてかえることに…。
伊吹先生のことは渚の両親も知っているので、伊吹という苗字はやめておいた方がいい。ということで智也は何か別の苗字を考えておけと風子に注意するのですが、
風子が誤魔化すために言った苗字は、隣の磯貝さんの苗字でした。
(隣の表札見て、即決するところが風子らしい…)
当然、何を考えてる!と智也は怒りますが、渚の両親にはそれで十分だったみたいです。

無事に風子を送り届けた智也は、その足で春原のいる寮に来るのですが、
寮に入ろうとすると、団体のラグビー部員たちが入り口から出てきました。
なんでも、女子寮を覗いて寮母の美佐江さんに叱られたようです。
その美佐江さんに、ひっぱたくだけじゃ効果がないから関節技を決める方がいいと智也はアドバイスを言います。
CLANNAD-05_02.jpg
そこに、お約束どおりに来る春原は、その犠牲者一号となることに…
(やっぱり、春原あってのクラナドだと思います)

翌日、智也が渚の家に顔を出してみると、全員でプレゼント作りをしていました。
そこで初めて、作っていたプレゼントがヒトデだったことを知ります。
でも、渚の方は最初からヒトデだったことに気がついていたみたいです。
(普通の人は気付かないはずなのに、クラナドのキャラは、それをたやすく見破るやつが多いです)

それから、学校で作ったプレゼントを渡して回る事に、
途中、いつものようにトリップする風子。
それを見た智也は、その時偶然教室から出てきた涼を使って、いたずらすることを考えます。

CLANNAD-05_03.jpg
トリップから目覚めた風子の目の前に涼が、
風子は「岡崎さんと渚さんは?」と言いながら周りをキョロキョロ見回していると…
「わたしが岡崎です。女になりました…」と恥ずかしそうに涼が言うのです。
風子が「どうして、女の人になってしまったんですか!」と驚いていると、またしても涼が一言「たまにとれるんです…」
それを聞いた風子は「岡崎さんはたまにとれるんですか!」それを「とりあえず…」と返し、「とりあえずですか!? そんな簡単に取れてしまうものなのですか!? はっ! もしかして逆に風子についたりもするんですか!?」と聞かれ、また「とりあえず…」と返す涼。
(ここのやりとり、智也も腹を抱えて笑ってましたが、これを見ていた私たちもほとんどがそんな状態だったはずです)
20071102042011.jpg
それで、『話している相手をすり替える』を極めたことに…
(原作どおりに風子マスターを目指すイベントがあると、面白いなぁ…)

それから、気を取り直してプレゼントを配っていると、風子の知り合いに会いました。しかし、受験で忙しいから相手をしてられないといった感じで受け取りを拒否されます。

そのことで落ち込んだ風子を励まそうと、藤林姉妹や春原を誘って授業ごっこをすることになります。
教師役は、何故か早苗さんがすることに、
それから学級委員長を風子が努めることになりました。

次回は、もう風子ルートを終わらせるみたいですね。
やっぱり、全員のルートをやるとなるとこのぐらいになるみたいです。

クラナド OP メグメル/だんご大家族


クラナド ED メグメル/だんご大家族
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiyotaka1494.blog36.fc2.com/tb.php/36-ef02e55b

+CLANNAD -クラナド-【5】+

第5話「彫刻のある風景」     ということで・・・ 幽霊なのか生身の人間なのかまーったく不明な風子ちゃん。   とりあえず学校に住みつくのは問題なので渚ちゃんちでお泊りすることになったんだけど・・・   一家総出で風子ちゃんのお手伝いをしている姿には

(アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第5話 「彫刻のある風景」

CLANNAD 1 (初回限定版) ここにいる少女は本当に風子なのか?朋也と渚をそれを確かめるため、彼女の姉である公子の元を訪れた。そして、公子の口より真実が語られる・・・。

CLANNAD 第5話 『彫刻のある風景』 感想

 CLANNAD  第5話 『彫刻のある風景』 感想  岡崎朋也: 中村悠一  古河 渚: 中原麻衣  藤林 杏: 広橋 涼  藤林 椋: 神田朱未  坂上智代: 桑島法子  ...

CLANNAD 感想五話

と、ととと・・・智代が出ていない。今週の楽しみが・・・orz 正直、感想書かないでおこうかとも思いましたよ・・・。 しかし!!! 皆口裕子さんがいるじゃあないか! 彼女...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。