スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人の注目PCゲーム作品!タユタマ -kiss on my deity-

2008-06-22 (Sun) 00:03[ 編集 ]
タユタマ -kiss on my deity- 初回限定版タユタマ -kiss on my deity- 初回限定版
(2008/07/11)
Windows

商品詳細を見る

Lump of Sugar(ランプオブシュガー)第三弾ソフト
タユタマ -kiss on my deity-です。

──あなたと ひとつになるために 生まれてきました──

主人公・泉戸裕理は八衢神社の一人息子。バイクや自動車いじりが好きで、一級整備士か設計開発の仕事に就きたいと考えているが、実家である神社のことでも迷っていて、まだ明確な目標にはなっていない。定まらない将来に漠たる不安を抱きながらも、友人の河合アメリや要三九郎らと共に、創聖学院での学院生活を謳歌していた。
そんな彼が最上級生になる、春休みのこと。学院で行われていたグラウンド拡張工事の際、奇妙な遺跡が出土する。偶然その場に居合わせた裕理は一人、全く違う方向で遺跡に興味を抱く。実家の神社でしか見たことのなかった一風変わった文様が刻まれていたのだ。
八衢神社には「たゆたゆ様」と呼ばれる神様の伝説があった。それは周辺地域一帯の守護神だが、粗末に扱えばとんでもない災いをもたらすというもの。出土した遺跡にも「太転依(たゆたい)」と読める文字が彫り込まれている。さらに、遺跡一帯で飛び回る小さな小さな物の怪までも発見してしまう。
裕理、アメリ、三九郎は、出土した遺跡の扱いを間違えれば大変なことになるのではないかと危惧するも、神主の父親ですら迷信だと一蹴、担任教師や学院の理事なども取り合ってくれない。
やがて、遺跡に対する科学鑑定の末「学術的には無価値。」という結果が出る。破壊するか移転するかについての結論はいまだ検討の余地を残していたが、とにかく工事は続行されることになった。新学期の始まりまでにグラウンドの拡張工事は終了するというスケジュールは不変。
これに危機感を覚えた裕理は夜、アメリや三九郎と共にひそかに学院に忍び込み、御魂移しを行おうとする。仮に遺跡が破壊されようと何だろうと、そこに宿る神様には失礼のないようにという、神社の一人息子らしい裕理の発想だった。
しかしこの儀式によって、本当に神様らしきものが現れてしまう。その高貴な佇まいに威厳すら感じさせるそれは、古めかしい口調で裕理に滔々と語り始める。この地に封じられた、太転依(たゆたい)という物の怪たちの物語を──。
そして迎えた、始業式の日。あの夜、学校に忍び込んでいたことについて、フローレスの生徒会長・如月美冬に追及されながら、裕理は昨夜の不思議な出来事を気に掛けていた。そんな彼の前に、同じ年頃の女の子が現れる。戸惑う裕理に、彼女がいきなり言い放つ─―。
「さあ、五百年越しの夢を叶える時です!
 人間と太転依が共存できる新しい世の中を“私たち夫婦で”切り開きましょう!」
その彼女「ましろ」の登場により、風雲急を告げる裕理の学園生活。幼馴染のアメリは嫉妬で拗ねてごねまくり、三九郎は何の役にも立ってくれない。妹同然に育ったはずのゆみなには、ましろとの仲を誤解されて嫌われて、美冬には猜疑心満載の視線を向けられ追い掛け回される。そして当のましろは空気も読まずにベタベタしっぱなし。
彼女は一体何者なのか? そもそも太転依って何なんだ? 泉戸裕理の明日はどっちだ!


タユタマ4
ということで、現在公開中の体験版をプレイしてみました。
主人公・泉戸裕理が、御魂移しという儀式を行ったことで、「太転依」と呼ばれる本当の神様らしきものを呼び出してしまいます。メインキャラのましろの他、三強と呼ばれるやっかいな「太転依」まで出てきて事態は大事に発展。ましろが、裕理の嫁宣言をしたり、女学院に軟禁事件があったりと、トラブル続きだった体験版
プレイ時間は大体3~4時間程度。体験版は本当に良いところで終わってしまうのが少し残念でした。しかし、最後の部分で流れたBGMがかなり良かったです。原画が好きな人は迷わず買って損はない作品だと思います。


タユタマ
泉戸 ましろ(みと ましろ) CV:松田理沙

「私はいつでも、どんな時でも、裕理さんの味方ですから」

裕理を夫と呼び、始業式の日に押しかけてくる少女。
創聖学院女子学部(フローレス)カリキュラムS受講生(最上級生)。
恋に消極的なアメリとは違い、出会ったその時から積極的に裕理にアタックを仕掛けてくる。
その姿は一途というより、何かを覚悟しての行動に見え、なし崩し的に泉戸家に住むことになる。
その正体は「太転依」で、不思議な力を使う事ができる。「太転依」ではあっても人間の形態を取っているため、基本的には人間と全く同じ。
能天気で寛容的な性格をしているが、怒ると恐ろしい。
やや世間知らず、というか知識が全体的に古く「おばあちゃんの知恵袋」的なことは知っているが、最新の家電製品などは全く分からない。
アメリとは裕理を巡った恋のライバル。

タユタマ1
小鳥遊 ゆみな(たかなし ゆみな) CV:青戸由羽

「わああああん! ゆみなが全部悪いんですううう!」

裕理を兄と慕う少女。創聖学院女子学部(フローレス)カリキュラムC受講生。
裕福な天見家で生まれ育ったが、事業が破綻し、神社である泉戸家に捨て子同然に預けられる事となる。
その後、泉戸家で裕理と兄弟同然に育てられていたが、裕理の母の病死がきっかけとなり、当時から祖父母同然の存在だった小鳥遊家へと養子縁組されることとなった。
誰かに見られていると異常なまでに緊張し、何でもすぐに失敗してしまう。
趣味は絵。自分の世界に没入して描いている様子は少々近づきがたいものがある。
料理や裁縫も得意で、一人で地味にコツコツと作業できるものは全般的に得意。
アメリとは近所のお姉ちゃんとして仲良くしてきた。また、フローレス「ミレディ」の美冬は憧れの対象。

タユタマ2
如月 美冬(きさらぎ みふゆ) CV:三咲里奈

「あの夜、学校の側に住んでいた生徒が、バイクの音を聞いたとかでな……」

物語冒頭の事件で、裕理を怪しいと疑い接触してくるフローレスの「ミレディ」。
創聖学院女子学部(フローレス)カリキュラムS受講生(最上級生)。
如月家は古くからの名家で、美冬は人格者として徹底的に鍛え上げられており、常に冷静で思慮深い。
周囲からの信頼も厚く、全校生徒8割の票を得なければ選出されない「ミレディ(女子学部総代)」となったのも当然といえる。
趣味は読書。かなりの乱読家で何でも読むが、「自由な恋愛」を題材にしたものが好き。
武芸一般に通じ、特に剣術は相当の腕前である。
後輩であるゆみなのことは何かと気にかけている。

タユタマ3
河合 アメリ(かわい あめり) CV:花野香

「全部あたしのおかげでしょ? 死ぬほど感謝しなさいよね!」

裕理の幼なじみであり、同級生。創聖学院一般学部(スライトリー)カリキュラムS受講生(最上級生)。
大手建設会社の会長を務める母と、スライトリーの理事を務める父を持つ。ちなみにハーフのような名であるが、れっきとした日本人。
幼少時から裕理と二人でよく遊んでいた。自分のペースに他人を巻き込む「ごーいんぐまいうぇい」な性格だが、恋愛に関しては臆病な側面もあり、裕理との関係は友達以上恋人未満から進展する気配はない。
割と何でもそつなくこなし成績は並の上だが、器用貧乏のため趣味と呼べるものがない。
最近は裕理と三九郎をからかうのがもっとも楽しいらしい。
ましろは恋のライバル。


タユタマ -kiss on my deity- 初回限定版



「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!
「タユタマ -kiss on my deity-」 2008年6月27日発売!


にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
ポチッとクリックしてくれると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiyotaka1494.blog36.fc2.com/tb.php/340-1d3916b7

タユタマ体験版感想

さあ~朝だ~…。タユタマ体験版やって長時間アンケート書いてたらいつの間にか明るくなってきた…wこれから寝ると逆につらそうなの...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。