スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シゴフミ 第10話『デアイ』

2008-03-09 (Sun) 08:49[ 編集 ]
シゴフミ
シゴフミ10話3
今回は、自分を理解してくれる人に出会えた回です。

フミカと史伽
シゴフミ10話
母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽。
周りの大人たちは、一同に集まって何処かへ出かけていきました。残された文伽と、従兄の日比谷毅彦は、家で留守番をすることに…。毅彦は、外に出て史伽と食事に出るついでに、映画館やゲームセンターなどに立ち寄って、史伽を楽しませます。その帰り道、不良に絡まれた後、警察に誘拐容疑をかけられ、署で取調べを受ける事になりました。一人で待たされていた史伽は、警察署でフミカと遭遇。
(よく確認もせず、いきなり誘拐の容疑で捕まえるとは…。二話の時に発砲した刑事といい、シゴフミの世界の警察は無能の集まりですね)

癌と事故
シゴフミ10話1
以前働いていたゲーム会社に連絡してもらい、誘拐の容疑が晴れた毅彦。
その時に、仲の良かった同僚から何で会社に辞表を出したと聞かれますが、毅彦は、自分が癌である事を伝える事ができませんでした。その後、家に帰るため車を走らせるのですが、途中で車が故障。車中に史伽を残して、誰か呼びに行く事にした毅彦ですが、一人は嫌だからと史伽が付いてきてしまいました。史伽が取りだしたゲームを見て、昔の気持ちを思い出す毅彦。その時、反対車線から大型車が…。毅彦は、身を挺して史伽を突き飛ばします。
(確かに、癌だったら会社を辞めても仕方ない事だと思います。しかし、それを誰にも伝えていないというのはちょっと…。だって、毅彦を心配する親や同僚が少し可哀想ですしね)

毅彦の葬式
シゴフミ10話2
史伽を守り、事故で死んでしまった毅彦。
葬式に出席していた史伽は、毅彦が目を覚まさないことに疑問を感じていましたが、フミカから届けられたイラスト入りのシゴフミを見て、もう毅彦が死んでしまったことに気がつきました。
(フミカと同じ名前なので、深い関係になるかと思いきや、どうやら今回限りのキャラのようです。フミカの過去話を先にしてなかったら、こっちが過去だと勘違いしてしまったかも…。)

シゴフミ OP
コトダマ


シゴフミ ED
シゴフミ ED主題歌


にほんブログ村 アニメブログへ
ポチッとクリックしてくれると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメント

最後の方で、女のコと心中とか鬱展開になると思ったら
女のコを助けて死んじゃいましたね・・・
最後に女のコに心を救われたから良かったと思いました!
それにしても本当に警察が無能でウザかったですwww

みつーさんへ

確かにあの時は、史伽と心中して鬱エンドかな?って思ってしまいました。毅彦は最後まで良い人だったのに…。善人が死んでしまうと可哀想になってきますねぇ。
警察の連中が身代わりにでもなればいいのに…。

偶然訪問しました。
やっぱり、他のサイトを見させてもらうのは、楽しいものです。
がんばっているんですね。、

ときまるさんへ

こんな未熟なブログに、訪問ありがとうございます。
楽しいと思えるような記事が書けていたようで、本当に良かったです。

気合を入れて書いた記事の場合は、大抵キャプチャー画像の数も多くなっています。つまりは、その時のテンション次第ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiyotaka1494.blog36.fc2.com/tb.php/264-54d031b3

「デアイ」 シゴフミ 第10話

シゴフミ 第10話「デアイ」 母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞...

シゴフミ 第10話 「デアイ」 感想-忍者居酒屋

森の仲間達とか忍者喫茶とか言ってるから ギャク回かと思ってたら・・・。 シゴフミの中で一番感動した回でした。 大人の世界って...

「シゴフミ」第10話

第十話「デアイ」母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がられながら、自宅で絵を描いていた日比谷。彼は食事に出るついでに、ゲームセンターや映画館に文伽を連れて行く。しかし帰り...

シゴフミ 第10話「デアイ」感想感想

ぶっとんでいたり、サービス回かと思いきや中々良い話だったり、もう10話になるのに良い意味でよくわからないね、このアニメ。フミカの謎とかもまだあるし。そのあたり今回は進展があるのかな・・?2008年03月25日発売シゴフミ 一通目早速感想。不治の病。コンティニュ...

シゴフミ 第10話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 「デアイ」

シゴフミ 第10話 「デアイ」 感想

死んでるものは元には戻せない…。ゲームじゃないのだから。まるで現代のゆとりを見て

シゴフミ 第10話 「デアイ」

「こいつにコンティニューだ」 ゲーセン→絡まれるという流れから、この言葉しか思い浮かびませんでしたw 今回のキャラは30代ニート無職の...

シゴフミ 第10話「デアイ」

小さな文伽とおじさんの話です。

『シゴフミ』第10話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 小さい頃から絵を描くことが好きだった。アニメやゲームに夢中になり、気が付けばそれが将来の夢になっていた。念願のゲーム会社に就職した後は、ただひたすら友人と共にゲーム作りに奔走し、他のことなどなりふり構わずに生きてきた。だが、そ...

シゴフミ 第10話「デアイ」

文歌目覚める!! 最後の最後で文歌がみんな持ってっちゃいました。思わず身を乗り出してしまった… 本編は「はあ?」というのと「ハラハラ」が交錯してました。 ヲタには心が痛む話でした… なんか一人で全部抱え込んじゃって、ポジティブの方向に進めなくて居場所...

シゴフミ 第10話 「デアイ」 感想

シゴフミ 第10話 「まさかのネコミミモード」 少女「元に戻せる?」 不思議そうに小鳥の死骸を指でつつき、そう母親に尋ねる少女。 死とい...

シゴフミ 第10話「デアイ」

ゲームでない現実は、命のやり直しはきかない。 死んだものは帰らない…。 だから逝く時に満足していけるかが大事というテーマの今回。 ラ...

シゴフミ 第10話 感想

 シゴフミ   第10話 『デアイ』  文伽:植田佳奈  カナカ:松岡由貴  野島要:寺島拓篤  野島辰巳:野島昭生  チアキ:浅...

シゴフミ 第10話「デアイ」

脚本:大河内一楼 絵コンテ:二瓶勇一 演出:矢吹 勉 作画監督:高野和史・野村芙沙子 フミカを中心とする話も、おおかた8割ほど終わったシゴフミですが、 今回の話は、また「救えない話」にでもなるんじゃないかと心配していたのですが・・・ そんな10話の感

「シゴフミ」10話 デアイ

リセットとゲームスタートを繰り返しながら死について語り、死について理解したと思ったらゲーム機の電源を落とすというのはどういうこと?...

感想 シゴフミ 第10話

シゴフミ感想です。例によってキャプなしの簡易感想です。ネタバレ注意。

シゴフミ 9話「デアイ」

=== 今回は不幸な青年のお話w === '''する事もなく家で留守番をする青年w''' なんでも会社を先日退職しちゃったらしい… {{{というのも30で末期ガンという現実に打ちのめされてしまったようだw}}} 親族には一切明かさずに肩身の狭い...

シゴフミ  第10話

さて、今回も普通に良い話でちょっと驚きましたでも色々な意味が込められた話だったなぁとまぁ本筋にはあんまり関係はありませんでしたけど母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がら...

シゴフミ 第10.話 「デアイ」 感想

今回のテーマは「生きている意味」、あるいは「シゴフミの意味」でしょうか。シゴフミ 第10.話 「デアイ」 のレビューです。 結局シゴフミっ...

シゴフミ 第10話 デアイ

まだ9話見てないやw録画はしておいたから明日見よう(それ昨日もいった※あらすじ母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がられながら、自宅で絵を描いていた日比谷。彼は食事に出る...

シゴフミ第10話『デアイ』

また、泣いてしまった・・・。

シゴフミ 第10話「デアイ」

すごい一体感の映画館!

シゴフミ 第十話

 スズメの死を理解できない女の子。あれ?綺麗って文歌が生まれてすぐ出ていったんじ

(アニメ感想) シゴフミ 第10話 「デアイ」

シゴフミ 一通目 母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がられながら、自宅で絵を描いていた日比谷。彼は食事に出るついでに、ゲームセンターや映画館に文伽を連れて行く。しかし

(アニメ感想) シゴフミ 第10話 「デアイ」

シゴフミ 一通目 母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がられながら、自宅で絵を描いていた日比谷。彼は食事に出るついでに、ゲームセンターや映画館に文伽を連れて行く。しかし

シゴフミ 第10話 「デアイ」

死んだものは帰ってこない。

シゴフミ第10話(3.8)

今回の主人公日比谷毅彦は、元ゲームのグラフィックデザイナー。 だが、末期がんで余命僅かと宣告され、自分を見失い、仕事も辞めてしまう。 そんな日比谷を救ったのは、親戚の女の子文伽。 フミカの幼少時かと思ってたけど、まったくの別人。 文伽が、自分の作ったゲ...

シゴフミ 第10話「デアイ」

シゴフミ テレビアニメ公式サイト シゴフミ マル秘日報 まず、本編の大まかな内容としては、「死」というものの再確認、もしくは、生きることの証明といったところでしょうか。 かなり、自分にとっては痛い 冒頭からフミカと同名の少女(小学校1年生程度)が登場。で...

シゴフミ・第10話

「デアイ」 仕事を辞め、描きたい絵を探している、という青年・タケヒコ。そんな彼に、少女は語りかける…。 うん…今回は、かなり淡々と...

★シゴフミ 第10話 良い意味で予想外の一話。文歌ついに目覚める!

前回と変わって鬱展開かな…なんて思いきや!実は 感動な話だったということで良い意味で裏切られた一話でしたね(笑) 「本当の死」を知...

シゴフミ 第10話 「デアイ」

母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。 突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がられ...

アニメ「シゴフミ」第10話。

第10話「デアイ」 死んだものは元に戻せない。 リセットが効かない。だから戻って来ない。それが死。 ゲームじゃないのだから……。 今回...

シゴフミ 第10話「デアイ」

シゴフミの第10話を見ました。第10話 デアイ死んだ鳥の死体を触っている文伽に注意する母。「元に戻せる?」「ゲームじゃないのよ」勤めていたゲーム会社を突然辞めて以来、自宅で絵を描きながら日々を過ごしていた青年・日比谷毅彦のもとへ、いとこの文伽が母親に連れら...

シゴフミ 第10話

シゴフミ 第10話「デアイ」 自分の描きたい絵を見失ってグラフィッカーとして入社したゲーム会社を辞めた日比谷毅彦。末期ガンに侵されて...

シゴフミ 10

= 第10話 「デアイ」 = {{{久し振りのシゴフミです。 小学生文伽があまりにも可愛かったので記事化しました(爆) パッと見、あずまんがの大阪っぽかったよ。目の大きさとか、ぽかーんとしてるとことか。 それとは逆にストーリーは非常に重かったけどね・・・...

シゴフミ 第十話「デアイ」 ヒーローの引退とは猫の悟りと同義語である

シゴフミ 第十話「デアイ」 考える余地を残してくれたスタッフには感謝 そして、かっこつけてスタッフとか言ってみたオイラに乾杯  ...

シゴフミ #10「デアイ」

フミカとフミカ すごい・・・まるで自分と別人じゃないか(似てないのかよw) ではシゴフミ感想です。 シゴフミ 一通目(2008/03/25)大前茜、...

シゴフミ 第10話 「デアイ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  “シゴフミ・・・それは人に許された最後の奇跡”  偶然にフミカと同じ名前を持つ少女と出会いそして、そんな彼女へシゴフミを届けるお話です。  その少女はまだ死というものを理解していなかった。それが最後になってどんどんと理...

シゴフミ #10 「デアイ」

 絵が好きだった。  ゲームが好きで、ゲーム会社で絵を描く仕事に就いた。  ……でも、それも先日辞めてしまった。  僕は、世界に何を残せるのだろうか――? ★次回予告と全体考察へのショートカット ☆バンダイチャンネル ☆[B-ch]シゴフミ|アニ...

シゴフミ

第10話 「デアイ」  どいつもこいつも、かってな事を云いやがって、 って所ですかねっ。  まぁ、「タケヒコ」の気持ちも難しい所でしよ...

シゴフミ 第10話

今回は、毅彦が末期癌を言い渡され会社を辞めたお話でした。 フミカと同じ名前の文伽という女の子が登場、まだ死ぬというものをよく分かっていないようで。 とりあえずあの警察はどうにかした方が宜しいかと(苦笑)。 毅彦は突然ゲーム会社を辞めて、ボーっと絵を描...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。