スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mnemosyne -ムネモシュネの娘たち- 第01話 『猫は笑わない』

2008-02-05 (Tue) 17:35[ 編集 ]
ムネモシュネの娘たち
ムネモシュネ1話8
一話45分の長さでやる、月一回のエログロアニメです。

イキナリ死亡?
ムネモシュネ1話
(暗くて良くわかりませんが、この場面で主人公が謎の暗殺者に殺されています。イキナリの急展開で動揺しましたが、腕が千切れ飛ぶぐらいのグロなら何とか耐えられます。…この時は、確かにそう思ってました)

拾ってきた男
ムネモシュネ1話2
何の前触れもなく生きていた主人公・麻生祇 燐。
パートナーのミミと一杯飲んだ後、依頼の猫探しに出かけます。出かけた先で、トラック横転事故があり、そこで黒服の連中に絡まれていた男を助けて保護した燐。事務所に帰って事情を聞いてみると、若者は記憶喪失?だということが判明。しかし、自分の名前が前埜光輝であることも、大学生であることも覚えているのに、何故か呆然とあの場にいたことしか記憶にない様子。燐は、猫探しを中断して、そちらの調査を優先する事を決めました。
(しかし、なんとも豪華な声優陣。メガネの主人公・燐は「能登麻美子」、パートナーのミミは「釘宮理恵」、拾われた前埜光輝は「檜山修之」ですからねぇ)

暗殺者と再会
ムネ1話2
色々な調査の結果、青山製薬という会社が怪しいと嗅ぎ付けた燐。
燐は、青山製薬の専務に色仕掛けで近寄り情報を入手しようとします。その作業中、最初の場面で燐を殺した暗殺者が再び現れました。死闘の末、今度は燐が銃の引き金を引くことに。
(しかし深夜帯とはいえ、こういう描写は有りなんだろうか? エルフェンリートでも、ある程度は軽減していたのに…。ちなみに後半はもっと凄いシーンがあります)

狭山研究所に潜入
ムネモシュネ1話4
狭山研究所という場所に、光輝の記憶の手がかりがあると掴んだ燐。
ミミに偽造IDを作ってもらい、研究所に進入したまでは良かったのですが、燐たちはあっさりダクトの赤外線センサーに引っ掛かってしまいました。
(光輝が改造されてるようなシーンが途中でありましたが、内臓とか出てたんで画像はカット。問題は次のシーンなんですが、どこまでが許容範囲なんだろう?)

山之辺沙耶羅の拷問
ムネ1話
青山製薬狭山研究所の所長である山之辺沙耶羅の拷問。
燐は、拷問を受けながら光輝の正体について沙耶羅に質問します。その話によると、光輝はクローン適合者であり不老不死にもっとも近い存在だとか…。燐は、沙耶羅の不老不死の研究をバカにして、身体中に穴を開けられて死亡、その後死体安置室に運ばれました。それから、しばらく時間が経ち中から蘇生した燐の姿が…。
(主人公が不老不死という存在だからやりたい放題だなぁ。リアルタイムで見てて、少し気分が悪くなった場面です)

不老不死の真実
ムネモシュネ1話6
死んだはずの燐を見て、気が動転した沙耶羅は銃を乱射。
脈や瞳孔を調べて確実に死んでいる事を確認した沙耶羅ですが、燐はすぐさま蘇生。本物の不老不死を目の前にした沙耶羅はその場から逃げ出しますが、ドアの前にいた実験の失敗作たちに囲まれ捕食されました。

新入社員
ムネモシュネ1話7
研究所から無事脱出した燐と光輝。
光輝は、クローンの自分はどのように生きていけば良いのか迷います。燐は、持っていた銃を光輝に渡し、これからの人生の選択をさせるのですが、車に戻った燐が聞いたのは一発の銃声でした。察するに光輝は自分の頭を撃ちぬいてしまったようです。会社に戻った燐が、憂鬱な気分になっていると事務所に訪ねてきたのは、なんと死んだと思っていた光輝でした。光輝は行方不明中の猫を抱きかかえ、ここで働かせてくださいと燐にお願い。こうして光輝は新入社員として燐の元で働く事になりました。

ムネモシュネの娘たち OP


ムネモシュネの娘たち ED



にほんブログ村 アニメブログへ
ポチッとクリックしてくれると嬉しいです
スポンサーサイト

コメント

とりあえず、くぎゅが出ているようなので
今度見てみようと思いますwwww

みつーさんへ

真っ先に削除されるアニメだと思ったのに、まだニコニコ動画で生き残っているようです。
まさか運営が許可してるアニメなんでしょうかね?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiyotaka1494.blog36.fc2.com/tb.php/205-590ac8bc

Mnemosyne -ムネモシュネの娘たち- #1

1話、「猫は笑わない」。 AT-X開局10周年記念作品。 エロとグロに特化した、R指定作品です。 率直な感想としては、 地上波ぜっっっったい...

アニメ雑感:Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-(1話)

 XEBEC製作、そして原画が「沙耶の唄」等でおなじみの中央東口氏と聞き、見てみました、「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」。  AT-Xの開局10周...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。